Top

work shop !

b0124504_0451616.jpg

姉弟のなかで
いちばん手を焼く次女の
夏休みの自由研究と称して
じつは自分がいちばん
手焼きを体験してみたくて。笑

東京都写真美術館のワークショップ
親子とはじめての方のための「モノクロ写真体験教室」
行ってきました

自分で撮って現像して焼いて
手で目で写真に触れることが
最終目標だなってずっと思っていたけど
いろんな環境がそろわないとなかなか実現しない

今日のワークショップ
Neopan SSの現像キットを使っての方法で
明るい部屋でも手軽に出来ることを発見

そして憧れの暗室デビュー
プリントのこと 引きのばし機のことを
根本から理解してなかったことに気がついた
明暗が反転したネガをさらに印画紙に移すと
目で見たとおりの明暗に戻ること
んじゃポジだとどんな方法でするんだろう・・・?
と頭の中はぐるぐる活性化
そして現像液に印画紙をつけて
画が浮き出てきたときの感動といったら!

とにかく奥が深い
深すぎて一度足を踏みいれたら
抜けられなくなる樹海のようだろう

プロラボのプリンターさんが 
とても親切に指導してくれて
「ママのを先にやっちゃって娘さんのをゆっくりじっくり焼きましょうね」
なんて最初は言ってたけど 
どうやら母のほうが本気だとわかると
かなり真剣にご指導してくれた。笑

おまけにこんな指導も・・・w
引きのばし機もヤフオクで5千円ぐらいで出てるときもあるよ
3畳ぐらいのスペースがあれば充分だし
現像液も希釈タイプだから長持ちするし
バットも何百円で用意できるんだから
自宅に暗室も夢じゃないと思うよ
なにしろ・・・ねぇ
ハマりそうでしょ?にやり

たしかにハマりそうだ・・・汗
しかし
いえいえ そんなぁー
まだまだ夢のまた夢でいいです

24枚撮りのうち2コマをプリントしてくれた
残りのコマは・・・・
帰りにラボに寄り道してプリントオーダーしたのは言うまでもない。笑
プリントの素晴らしさを実感したのでした

そして
次女にはNeopanSSの現像キットをおねだりされた
また家で現像してみようと思います


なんて 楽しい夏休みなんだー♪



Neopan SS


露光時間少なめに焼いたのがこちら


[PR]
by chara-coco | 2009-08-03 00:54 | Olympus OM-10
<< 猫と彼女と愛しい時間 Tinker Bell* >>


カテゴリ
Nikon FM10
Nikon D40
Olympus OM-10
Olympus PEN-FT
Minolta SR-7
Hasselblad
RICOHFLEX
kiev60
Flexaret
LOMO LC-A+
HOLGA
Polaroid
Viviter Ultra&Wide s
Poladroid
information
Rolleiflex
Nikon F3


  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます

その他のジャンル

画像一覧